【2018年】わたしが保有するオススメ優待株ランキング

2018-04-28

スポンサーリンク





どうも。羊ノブナガです。

f:id:youdan:20180319163506j:plain

先日、優待株投資とはどのような投資なのか、どういう点に気をつける必要があるのか記事を書きました。

【2018年版】株主優待とはなにか?優待株投資のススメ – 羊ノブナガのお金ブログ

読んでくださった方のなかにはこう思った方もいるかもしれません。

「優待株投資をやってみたいけど何を買えばいいのかわからない」

「おすすめ銘柄を教えてほしい」

わたしも株をはじめた時は何を買えばいいのかさっぱりわからなかったので、気持ちはよくわかります。

ご要望にお応えして、今日は特別にわたしが保有中の優待銘柄を公開します。

保有銘柄のすべてを紹介するのは大変なので、保有株のなかでも特におすすめの優待株をランキング形式で紹介していこうと思います。

では、いってみましょう。

*投資は自己責任なので、最終判断はご自身でお願いします。

わたしの保有優待株

わたしが現在保有している優待株です。

株価は2/22時点なので変動していますが、目安としてご参照ください。

f:id:youdan:20180222124759p:plain

おすすめ優待株ベスト3

それぞれ自信をもって紹介できる銘柄ばかりですが、株主優待だけでランキングを作っているわけではないので、ご注意ください。

(株主優待だけで考えればもっとおトクな銘柄は数多く存在しています)

ランキングは事業内容、株価、株主優待等を総合判断したうえで、なるべく低リスクの銘柄をランキング上位にしています。

そのため、株主優待もありつつ初心者でも安定して持てる株を紹介しています。

では第3位から行ってみましょう。

3位:プロ野球で有名!オリックスHD(8591)

第3位はプロ野球球団オリックス・バファローズで有名なオリックスHDです。 f:id:youdan:20180303152439j:plain

プロ野球業のほかにはホテルなどの不動産業、オリックスレンタカーなどのリース業、オリックス銀行などの金融業を行っています。

プロ野球では低迷が続いていますが、本業はかなり好調です。

それでは優待内容を紹介していきます。

優待1:株主カード

株主優待は2つあります。

1つ目が年に2回もらえる株主カードです。

f:id:youdan:20180303152551j:plain

この株主カードを持っているとオリックス系列の施設が割引価格で利用できます。

オリックス系列の施設にはプロ野球観戦、レンタカー、ホテル、ゴルフ場、水族館などがあります。株主カードを持っていると思わぬ機会でおトク経験ができるかもしれません。

優待2:カタログギフト

もう1つは年に1回もらえるカタログギフトです。

18万円くらいの投資で推定5000円分の商品をもらえるので、かなり太っ腹です。

f:id:youdan:20180303163042p:plain

そして、3年以上継続保有していると推定10000円分の商品にグレードアップします。

総合評価:指標は優秀だが景気の波に注意

総合評価をしたいと思います。

オリックスHDはPERは8倍未満と経営指標的には超優秀です。

しかし、これには理由があって、事業の性質上、負債が多くレバレッジをかけていることによるものです。

景気の波に株価が左右されやすい銘柄です。

景気動向と業績の推移には注意が必要と言えるでしょう。

とはいっても、簡単に大崩れすることは考えずらく、配当利回りも3%台と優秀です。

他の銘柄に比べてリスクはありますが、全体的に優秀なのでランキング第3位にランクインです。

オリックスHD(8591)の基礎情報(2018年3月19日更新)

・株価 1,872.5円
・PER 7.75
・配当利回り 3.36%
・最低投資額 187,250円

2位:大阪のTV局!朝日放送(9405)

朝日放送はABCテレビの放送局です。関西の方なら、みなさんご存知でしょう。

「探偵ナイトスクープ」を放送しているTV局といえばピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

優待:QUOカード500円分×年2回

優待内容ですが、朝日放送の株主優待はQUOカード500円分年に2回もらえます。

朝日放送は昨年から保有しており、昨年はM-1のQuoカードをいただきました。

お笑いが好きなので、もったいなくてまだ使えていません。 笑
f:id:youdan:20180302182641j:image

総合評価:事業も堅実で株価も割安

総合評価です。事業内容は大手TV局なので堅実。

ネットの時代とは言うものの、日本の人口構造を考えればTV局が潰れることはそうないでしょう。

PERも14倍と割安水準。配当利回りも2%台と合格点です。

なにより最低投資額が8万円代という点が非常に素晴らしいです。

総合的に優れ誰でも買いやすい点から、ランキング第2位に堂々のランクインです!

朝日放送(9405)の基礎情報(2018年3月19日更新)

・株価 895円
・PER 14.39
・配当利回り 2.23%
・最低投資額 89,500円

1位:3大携帯キャリアのひとつ!KDDI(9433)

auでおなじみの大手携帯会社です。

携帯事業だけでなく、光回線や海底ケーブルなど、さまざまな事業を行っています。

f:id:youdan:20180303161035p:plain

優待:カタログギフト3000円分

KDDIの優待はカタログギフト3000円分

5年以上保有しているとカタログギフトが5000円にランクアップします。

総合評価:割安で未来への期待もできる

なぜラKDDIがンキング1位かというとほぼすべての指標が高水準だからです。

PERは12倍台で割安ですし、利益率も非常に高水準です。

しかも、5Gなど未来の新技術への投資も着実に行っています。

また、配当利回りも3%以上で、非常に優秀。

事業内容も盤石で、将来さらに成長する可能性も秘めています。

最低投資額は少しお高めですが、すべてが高水準なのでランキング堂々第1位としました。

KDDI(9433)の基礎情報(2018年3月3日更新)

・株価 2,690.5円
・PER 12.21
・配当利回り 3.35%
・最低投資額 269,050円

おわりに:追加情報は四季報で調べよう

今日はランキング形式でオリックスHD、朝日放送、KDDIを紹介しました。

どの銘柄もおすすめですが、紹介した内容はあくまで最低限です。

投資するなら自分が納得するまで調べるのが鉄則なので、四季報を買ってさらに情報を収集することをおすすめします。

会社四季報 2018年1集新春号 [雑誌] 

また、魅力的な優待株はまだまだたくさんあります。

優待株を四季報で調べてみると、もしかしたらわたしも気づいていないお宝銘柄が眠っているかもしれません。

以上、わたしの保有優待株とおすすめ優待株ランキングでした。

参考になれば幸いです。