【仮想通貨】Qtumのステーキング(マイニング)方法Q&A

2018-03-27

スポンサーリンク





こんにちは。羊のぶながです。

先日Qtumのウォレットについての記事で、Qtum Core Walletでステーキングが可能であることを紹介しました。

【2018年3月更新】Qtumウォレットの最新情報まとめ – 羊ノブナガの投資日記

f:id:youdan:20180216101912j:plain

今日は実際にQtumのステーキングの疑問についてあれこれ答えていきたいと思います。

そもそもPoSって詐欺じゃないの?

QtumはProof of Stake (PoS)です。

確かにPoSはProof of Work(PoW)に比べて、構造的に失敗する可能性が高いです。
(参考記事)
仮想通貨においてPoSは成立するのかー田中氏のPoS理論をもとに

しかし、PoS自体が問題ではなく、流動性問題をクリアすれば成功する可能性はあると考えています。
(参考記事)
PoSの仮想通貨で成功する可能性があるのは?

だからこそQTUMを保有していますし、日々QTUMのマイニング(ステーキング)に勤しんでいるのです。

Qtumのステーキング方法がわかりません。

実はそれほど難しくないのですが、最初はわたしも戸惑いました。

ステーキング方法についてはこちらの記事が最も参考になりました。

qiita.com

上記の記事の手順で進めていけば、間違いなくステーキングはできます。

1点だけ補足すると、ステーキングが開始されている場合、右下のカミナリマークが黒色になります

f:id:youdan:20180306155346p:plain

白色カミナリだとステーキングはされません

f:id:youdan:20180306155527p:plain

黒色カミナリなのでステーキング中です

白色カミナリになっている場合は何かしらに問題があります。

その場合はもう一度、手順が正しいか確認するとよいでしょう。

ステーキングのレートはどれくらいなの?

Qtumは年1%の割合で発行枚数が増加し、その増加分がステーキング中のウォレットに分配されます。

ステーキングのレートは日々変動するので、以下のサイトよりご確認ください。

Staking calculator QTUM | Easily calculate your QTUM staking returns | QTUM Explorer

だいたい4~5%/年のあたりを推移していますね。

正直ステーキングのレートは他の通貨と比べ決して高くはありません。

しかし、QTUMはいつでもステーキングを解除することが可能。他のステーキング通貨と異なり、資産を拘束されることがありません。

ですから軽い気持ちでステーキングをはじめてまったく問題ないでしょう。

なかなかステーキング報酬をもらえないんですが、なぜでしょうか?

これはわたしの経験上ですが、ステーキング報酬は1回につき約0.4Qtumもらえます。

また、ステーキング報酬の配布回数は日によってバラバラで、1回分しかもらえないときもあれば3回分(場合によってはもっともらえることがあるかも)を一気にもらえたりすることもあります。

まずは、Qtum Staking calculatorで1日あたりのステーキング期待値を計算し、0.4Qtumをもらうのに平均してどれくらいの期間がかかるのか計算してみてください。

試しに100Qtum保有していると、年にどれくらいのステーキング報酬をもらえるのか計算してみます。

f:id:youdan:20180306170947p:plain

100Qtumだと、期待値的に4QTUM/年もらえることがわかります。f:id:youdan:20180306170936p:plain

1回のステーキング報酬を0.4とすれば、4÷0.4=10。

つまりステーキング報酬を年間10回もらえる計算になります。

ということは、だいたい36日に1回ステーキング報酬がもらえることになりますね。

ただし、先ほど述べたように1回のステーキング報酬につき3回分の報酬を一気にもらえることもあります。

この想定で計算すると、108日に1度の割合でステーキング報酬(3回分)をもらえることになります。

つまり、100Qtum保有していてもステーキングをもらうまでに108日ほどかかってしまう場合があるのです。

ですから、ステーキング報酬がなかなかもらえなくても、それは通常運転なので焦る必要はありません。

カミナリマークが黒色で常時PCがインターネットに接続していれば、遅かれ早かれステーキング報酬をもらえます。

あまり気にせず放置しておきましょう。

おわりに

本日はQtumのステーキング上の疑問についてお答えしました。

QTUMは技術的優位性があり、分散型アプリケーション(dAPPS)が活発に開発されている点が強みです。

将来性があるからこど、わたしは利率が低くても他のPoS通貨ではなくQTUMを保有しています。
(参考記事)
QTUMが将来有望だと思う3つの理由

将来有望な暗号通貨だと思うので、長期目線でホールドしてはいかがでしょうか。

今日は以上です。