Bodhiがエアドロップ実施:詳細のまとめ

2018-05-15

スポンサーリンク





今日は予測市場系トークンのBodhi(ボッヒ:BOT)のエアドロップ情報についてまとめたいと思います。

 




Bodhi公式アナウンスページ(英文)はこちらからどうぞ。

Bodhi(BOT)エアドロップ情報

1分でわかるエアドロップの概要

Bodhi(BOT)は予測市場プラットフォームを目指しているプロジェクトです。
BOTトークンは予測市場での賭け金としての役割を果たします。

もともとBOTはQTUM系(QRC-20)トークンでしたが、このたびイーサリアム上でもサービスを開始することになりました。

そこでイーサリアム上でサービスを行いやすくするべく、イーサリアム系(ERC-20)トークンのBodhi On Ethereum(BOEも新規発行することになりました。

BOEはICOなどで発行されるのではなく、BOTトークン保有者に同額をエアドロップという形で付与されます。既存のBOTホルダーに優しい設計になっています。

 

BOEのトークン概要は以下の通りです。

  • 最大発行量はBOTと同じく1億枚
  • BOT保有者に1:1の割合でBOEをエアドロップ
  • Bodhi財団もBOT保有額と同額のBOEを保有する(ウォレットは公開)
  • 財団保有のBOEはBOTと同様ロックアップ期間を設ける

 

エアドロップ受け取り方法

エアドロップの受け取り方法は簡単。
5/31 23:59(GMT+8)(日本時間6/1 00:59)までに下記の取引所にBodhi(BOT)を預けていればOKです。

  • Gate.io
  • Bibox
  • Allcoin
  • LBank
  • BigOne

そうすると6/1 23:59(日本時間6/2 00:59)にBOEが付与されます。
BOT保有者で上記取引所を開設していない方は早めに口座開設をしておきましょう。
個人的にはGate.ioがオススメです。

Bodhi(BOT)の買い方

まだBOTを持ってない方はGate.ioなどの取引所でBOTを購入可能です。
今ならBOEももらえますので、ご興味のある方は5/31までに購入しておきましょう。

Gate.ioの開設方法は下記の記事で解説しておきました。
3分でわかるGate.ioの口座開設方法:二段階認証方法付き

 

おわりに

BOTは次から次へと手を打っていて、経営陣も積極的にPRしています。

予測市場はまだまだ未知数で競合もそこそこ多い分野ですが、QTUM上ですでにサービスが動いている点は◎。

個人的には応援したいプロジェクトのひとつです。わたしもGate.ioでエアドロップをもらう予定です。

以上、ご参考になれば幸いです。