【アジア強し】2018年6月時点の仮想通貨取引所TOP7ランキング

スポンサーリンク




こんにちは。

3月ごろブログで仮想通貨取引所ランキングを取り上げました。
(参考記事)【時価総額順】2018年3月時点の仮想通貨取引所TOP7ランキング

あれから、早3ヶ月。
当時と比べて、取引所ランキングにも変化があった模様です。

今日は現時点(2018年6月12日)でどこの取引所が盛り上がっているのかに注目して見ていきましょう。

 

1位:OKEx(前回+2)

前回の

意外なことに、中華系の老舗取引所(現在は香港)であるOKExが第1位でした。前回の調査から順位を2つ上げ、出来高も1.5倍ほど成長しています。

最近のニュース

OKExはOKBという取引所コインを4月ごろに発行しました。もしかしたらそれが成長材料になったのかもしれませんね。

OKExは日本人も開設可能です。

 

2位:Binance(前回±0)

知名度ナンバー1の海外取引所Binanceが第2位でした。順位は現状維持ですが、出来高は前回の調査から半分程度に減っています。仮想通貨ブームが収束したということでしょうか。

最近のニュース

Binanceは最近マルタという国に本社が移転したのが話題になりました。
Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転|金融庁(警告)へのしっぺ返し?

Binanceは日本人も開設可能です。

 

3位:Huobi(前回+1)

中国系取引所(現在は香港)のHuobiが第2位でした。順位を一つあげていますが、出来高はあまり増加していません。

最近のニュース

Huobiも2018年2月ごろにHuobiトークン(HT)を発行しました。Huobiトークンは4月以降じわじわと価格が上昇しています。相場環境が厳しいなか、出来高を維持している点が評価されているのでしょう。

Huobiも日本人開設可能です。

 

4位:Bitfinex(前回+2)

4位も香港の取引所、Bitfinexがランクインしました。こちらは前回の調査から順位を2つあげていますが、出来高は1割強減少しています。

最近のニュース

Bitfinexは3月ごろ拠点をスイスに移転することを検討していましたが、それ以降続報が入っていないようですね。

Bitfinexは日本人でも開設可能ですが、アカウントの有効化には10000ドル必要です。

 

5位:Bithumb(前回−1)

5位は韓国系の老舗取引所Bithumbがランクインです。1~5位まですべて(元)香港系取引所だったので、ようやくそれ以外の国の取引所の登場です!前回の調査から順位を1つ下げ、出来高も半分強になっています。

最近のニュース

Bithumbは不正取引の嫌疑がかけられていましたが、疑いが晴れたようです。今後の巻き返しに期待しましょう。

韓国の取引所ビッサム、当局調査で不正行為の疑い晴れる




Bithumbも日本人口座開設可能です。

 

6位:Upbit(前回−5)

6位は韓国系取引所のUpbitでした。前回の調査から順位を大きく下げ、出来高も1/10強まで減っています。

最近のニュース

Upbitも最近当局から家宅捜索を受けました。Bithumbと異なり、まだ調査中のようです。

韓国検察が国内最大の取引所に家宅捜索、仮想通貨市場も反応

*Upbitは日本人の口座開設不可です。

 

7位:Lbank(前回データなし)

7位は香港系取引所LBankでした。こちらは前回圏外だったので、初のTOP7入りです。

最近のニュース

LBankの情報は探しましたが、特にニュースはありませんでした。

Lbankは日本人も口座開設可能です。

 

8~15位の取引所はこちら

8〜15位の取引所を順位と出来高だけ紹介していきます。

  •  8位:Bibox(251百万USD)
  •  9位:HitBTC(236百万USD)
  • 10位:GDAX(221百万USD)
  • 11位:Kraken(184百万USD)
  • 12位:Bit-Z(171百万USD)
  • 13位:ZB.com(165百万USD)
  • 14位:BCEX(158百万USD)
  • 15位:Bitstamp(129百万USD)

ちなみに日本勢の最高順位はBitbankの18位(101百万USD)でした!

 

調べてみた感想:取引所によって個性がある

以上、取引所ランキングでした。
それにしてもアジア勢の取引所が強いですね。特に香港の強さが際立っています。

調べてみて取引所ごとに出来高の多い通貨が少しずつ異なっているのが面白いなと思いました。BTC、ETH、EOSあたりはどこの取引所でも出来高が多いですが、それ以外の通貨は取引所によってバラバラで個性がみられます。

ここら辺を調べてみるとトレーディングの利益の種がみつかるかもしれません。

今後も定期的にレポートしていきます。
今日は以上です。