羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

0から学ぶ暗号通貨ー暗号通貨投資入門

こんにちはー。ビットコイナーのノブナガです。

 

今日はビットコインなどの暗号(仮想)通貨をまだ触ったことがない人、投資してみたいけど何から勉強すればいいかわからない人向けの記事を書いていこうと思います。

 

はっきり言って、暗号通貨全体を理解するのはかなり難しい、というか不可能に近いです。進歩が非常に早いので、識者といわれるような方でも数種類の通貨を理解するのが精一杯だったりするのが現状w

ですから、丁寧に細かく一つ一つ勉強していったらキリがありません。

とにかくポイントを抑えて、勉強することが大事。私が考えるポイントは「技術」ではなく「通貨」です。では解説していきますー。

 

 

「技術」は深入りしない。ブロックチェーンで十分

まず「技術」の話をしておきます。

IT業界の方や、プログラミングをバリバリされている方でしたら「技術」を追うことは可能だと思いますが、そうでない方が「技術」の全容を理解しようとすると、萎えて、面倒になって、諦める確率99%です。

(私も完全に挫折し、1〜2年くらい放置したくちですw)

 

はっきり言って、理解の前提となる知識自体がめちゃくちゃ高度で難解です。そんなのに付き合っていたらいつまで経っても投資することはできません。

 

はじめから極論なのですが、最初のうちは「技術」に深入りするのは辞めましょう

「ブロックチェーン」の仕組みを理解する。技術はこれで十分かと思います。

 

暗号通貨は通貨である。金融の仕組みを知ろう。

そもそも暗号通貨は新しい時代の「通貨」です。

ですから、現在の通貨や金融の仕組みを理解していなければ、取り組むべき課題や向かうべき方向といった未来の姿を想像することができません。

 

たとえば、ビットコインに投資するなら金本位制管理通貨制度の理解が絶対必要です。

Rippleに投資するのでしたら、ビットコインよりさらに高度ですが、銀行間の通貨決済の仕組みなどを理解することが求められるでしょう。

 

金本位制、管理通貨制度などといった金融の仕組みを理解するなら、まずは原始時代に戻って、お金の発達の歴史を学ぶのがオススメです。この本は歴史が好きな人なら、読みやすくて面白いので最高です。

 

 

 

 

 

初歩の初歩から金融を学ぶ

私たちが投資する暗号通貨は「通貨」ですから、金融市場と密接にリンクしています。金融を理解するのはかなり難しいのですが、この本はわかりやすくてオススメです。

 

あなたがリップラーなら専門書も読もう  

Rippleに投資したい(している)のであれば、通貨間決済の仕組みを学ぶことが必須です。この本はかなりレベルが高い本ですが、読んでおいて絶対に損はないです。

この本レベルの知識を身につけられれば、優秀なリップラーと言えるでしょう。

 

 

 

ビットコインの現状を知るなら

本を読む前に、暗号通貨って本当に有望なの?と疑問を抱く方もいるかもしれません。

 

このような疑問を抱く方は東さんの下記動画を見てみるといいでしょう。

ベネズエラとビットコインの関係を解説する動画なのですが、ビットコインがすでに生活の糧になっていることがよくわかり興味深いです。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

おわりにー興味をもったらまずは1000円でも投資してみる

 以上、暗号通貨の勉強法について、紹介してきました。

とはいっても、もしかしたらまだ胡散臭く思うかもしれません。(いかんせん歴史のない市場ですから、その感覚は当然といえば当然です)

おそらく実際に触ってみなければその疑念は絶対に払拭できないと思います。

 

もしこのブログを読んで関心を持ってくれたのであれば、ぜひ身銭を切って投資してみることをオススメします。

金額はいくらでも構いません。食事1食分でも飲み会1回分でも全然OKです。

 

さまざまな人が異口同音るのが、身銭を切らないと学習効率は上がらないということ。自分のお金がかかっているのですから、これは間違いありません。 

 

暗号通貨の取引を始めるなら、取引所を開設することが必要です。オススメはbitflyerです。

 【国内最大手取引所bitflyerの口座を開する】 

 

 

以上、暗号通貨に興味を抱いている方向けに暗号通貨投資のイロハを説明してみました。皆さんの参考になれば幸いです。