羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

【12/15】まだまだ暗号通貨市場が発展途上だと思う理由

こんばんはー。ブログ執筆頻度少なめ、意識低めのノブナガです。

 

いつの間にか12月。仮想通貨をめぐる世界もこの1年で一変しました。

f:id:youdan:20171216112646j:plain

 

年の瀬ですからまずは過去の記事を振り返りましょう。

将来ビットコイン(BTC)価格は100万を超える。国内編 - ノブナガの仮想通貨日記

将来ビットコイン(BTC)価格は100万を超える。海外編 - ノブナガの仮想通貨日記

将来ビットコイン(BTC)価格は100万を超える。著名人編 - ノブナガの仮想通貨日記

 

 

わたしは2017年7月の段階で、BTC価格が将来100万円を超えることを予想していました。

 

手前味噌ですが、当時はBTC1枚=30万をやっと越えたところで、ビットコイナーですら、バブルバブルともてはやしていました。みんながバブルというなかバブルではないと予想したのですから、当時のわたしはかなり強気な意見を述べたつもりでした。

 

しかし、2017年12月現在はBTC1枚=200万円近くになっています。当時は強気な意見を述べたつもりだったのに、現在の視点から見ると「だいぶ弱気な予想だな」と思えてしまうのです。

 

それではわたしの7月の予想どおり、(現在の暗号通貨はバブルで)BTC1枚=100万くらいの水準に戻ってしまうのでしょうか?

 

わたしはそんなことはないと思います。

 

ただ単に成長のペースが早かっただけで今後数年単位のスパンで考えれば、BTC=100万の水準に落ち着くことはない、むしろ現在よりさらに値段が上がっていくだろうと思います。少なくとも暗号通貨市場は発展途上中で、暗号通貨市場全体の時価総額は今後さらに成長していくと思います。

 

今日はなぜ、わたしがそう思うのかについて記事にしていこうと思います。

 

 

 

わたしが暗号通貨市場がまだまだ発展途上だと思う理由

理由1:暗号通貨先進国の日本ですらまだまだ疑念を抱かれているから

2chの記事で恐縮ですが、暗号通貨市場全体でみると、日本は取引量第1位の先進国です。

【驚愕】ビットコイン取引シェア世界一は日本!30代以下の日本人が投機目的で買っているwwwwwwww : 投資ちゃんねる - 株・FX・投資2chまとめ -

 

しかし、典型的な日本人がすでに暗号通貨を持っているか、と問われたらそれは間違いなくノーです

 

国内最大手の仮想通貨取引所bitflyerですら、口座開設者数がようやく100万人を超えた、というような状況。日本の人口は1.2億人いますから、仮想通貨取引所の口座を保有している人はまだ10%にも満たないでしょう。

 

マスコミを見てもわかりますが、ビットコインについて報道をはじめたのは一部の経済誌くらいで、TVなどのマスメディアに仮想通貨が浸透したとはとても言えない段階です。

バラエティで普通に仮想通貨の話題が出てくるくらいになるくらいになって初めてバブルだと思います。そういう意味で、本格的なバブルはこれからでしょう。

 

 

理由2:世界や金融業界の参入はまだまだこれから

上記で取り上げたように日本は世界第1位の暗号通貨先進国です。その国ですら、まだまだこんな状況ですから、その他の国は言わずもがな、です。世界ではまだまだアーリーアダプター以外は暗号通貨に関心を持っていないと思います。

 

そしてそれは金融の世界でも同様。

金融業界ではもちろん話題にはなっていて、最近CBOEやCMEなどがビットコイン先物市場を上場しましたが、これらは差金取引であって、現物取引ではありません。

 

つまり、機関投資家などのマネーは暗号通貨にほとんど入ってきていないのです。今後、BTCをはじめとしたETFなどが次々と組成されていくことでしょう。

 

そうなってはじめて、機関投資家のポートフォリオに暗号通貨が組み込まれることになります。クジラはまだ入ってすらいないのです。

 

おわりにーまだまだ買い時でしかない

以上、暗号通貨市場がまだまだ発展途上である理由について説明してきました。

 

おそらく今この記事を読んでくださっている方には、仮想通貨市場への参加タイミングを完全に逃してしまったな、と後悔している方もいることでしょう。

しかし、わたしは上記理由から「いまからでもまったく遅くない」と思っています。

 

通常の日本人はこのタイミングで全力で参入することはほとんどできません。このタイミングで参入できるのは高値掴みを恐れない機関投資家くらいです。

だからこそ早めに参入する必要があるのです。

 

早めに参入すれば、後からお客さん(日本人のマジョリティ層、海外、機関投資家)が次々に参入してくれることはほぼ確実です。お客さんが参入した後で参入するのでは「時すでに遅し」なのです。

 

 【国内最大手取引所bitflyerの口座を開する】 

もちろん、投資ですからあくまでも余剰資金で参入しましょう。生活資金をかけて勝てるわけがありません。

 

すでにビットコイン投資を行っている方へのおすすめ口座はBinanceです。

Binanceの口座を開設をする