羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

Chainlink(LINK)とはなにか?

どうも。羊ノブナガです。

リサーチをしていて、これはいいかもという暗号通貨を久しぶりに発見しました。

 

 

その名もChainLINK(LINK)。まあ、現時点ではまだまだ草コイン(草トークン)なのですが、ポテンシャルを感じたので、本銘柄の魅力をお伝えしていきます。

f:id:youdan:20180108130003p:plain

 

 

 

 

LINKとはなにか?

現在の時価総額について

まずは現在の時価総額などを確認していきましょう。

 

 

 

発行上限枚数は10億枚で、プレマインです。おそらくPoSでもPoWでもない非ブロックチェーンのトークンなので、構築はXRPに似ていますね。

 

 

公式ホームページとホワイトペーパーは以下のリンクからご確認ください。

公式HP:https://link.smartcontract.com/
ホワイトペーパー:https://link.smartcontract.com/whitepaper

 

LINKとはどのような通貨か?

LINKとはスマートコントラクト社が発行したトークンで、スマートコントラクトにおける技術上の課題(後述します)を解決することを目的とします。

 

具体的に言うと、各企業などが保有するデータフィード・APIなどを用いてスマートコントラクトの実行を可能にするブロックチェーンミドルウェアです。

 

つまり、以下の図のようにスマートコントラクトとビッグデータをブリッジする役割を担います

f:id:youdan:20180108132617p:plain

この図だけでは、まだよくわからないと思うので、LINKがなぜ必要なのかという視点から、解説を加えていきます。

 

魅力①:スマートコントラクトにミドルウェアは不可欠

わたしも全然知らなかったのですが、スマートコントラクトはデータフィード、すべてのAPI、従来の銀行決済システムといった)外部リソースと自ら通信することが不可能です。

 

これはマイナーによる承認メカニズムという形態を取っている限り変更不可能(PoSでも同様です)で、分散組織による承認メカニズムをとっていることと外部リソースに自ら通信することは両立できません。ですから、スマートコントラクトが実装された社会ではミドルウェアが必ず必要とされます。

 

現在スマートコントラクトはまだまだ黎明期ですが、いずれスマートコントラクトが一般化する社会になることでしょう。

そのときミドルウェアは必ず必要となってきます。

 

魅力②:すでにSWIFT社との合同実験に成功している

btcnews.jp

スマートコントラクト社はリップラーにはお馴染みのSWIFT*(国際銀行間通信協会)と提携し、ブロックチェーンの実証実験を行っており、すでに実験は成功しています。

 *1

 

これがなにを意味するのでしょうか。

以下はあくまでもわたしの妄想ですが、もしかしたら世界中の金融ネットワークが、SWIFTおよびLINKを通じてスマートコントラクトを使えるようになるかもしれません。

 

そもそも金融機関の仕事は業務のかなりの部分がスマートコントラクトで代替可能だと言われています。そう考えるとSWIFTとLINKの提携はありえない話ではないと思います。

 

魅力③:経営陣が豪華

 ChainLinkのCEOはSergey Nazarov氏で、スマートコントラクト導入サービス業のSecure Asset Exchange社の起業経験など、実績十分です。また、技術顧問にInitiative for cryptcurrency & contract(IC3*)の共同ディレクターのAri Juels氏、イーサリアムコミュニティメンバーのHudson Jameson氏、ZcashとTezosのアドバイザーのAndrew Miller氏、ACM Software Systems Awardの受賞経験があるEvan Cheng氏で編成されており、非常に豪華な面々が揃っています。

 

*2

 

 

注:LinkとXRPは共存可能

少し横道に逸れますが、Ripple(XRP)の最大のライバルはSWIFTです。 しかしながら、(SWIFTの息がかかった)LINKとXRPが競合するかと言われればノーでしょう。LINKはスマートコントラクトの用途に特化しているため、通貨間のブリッジ機能に用いられることはありません。誤解しやすいのですが、LINKとXRPの共存は可能だと思います。

 

おわりに

以上、LINKについて説明しました。SWIFTと提携している事実はかなり評価できると思います。なかなか表に現れない機関なのでご存知の方は少ないと思いますが、SWIFTは国際的な金融業務の中枢を担う機関です。

ですから、そのSWIFTの息がかかっているからこそ経営陣が豪華になるのかもしれません。

今後の動向とリスク:2020年あたりが勝負

ちなみに記事によると2018年第1四半期にはGo ChainLinkをリリースし、幅広いオープンソースコミュニティにメインネットでの利用を働きかけるそうです。

こちらの記事より) 

 

またリスクについても、説明しておきます。

やはりミドルウェアはスマートコントラクトありきなので、まだまだ必要とされるには時間がかかります。また、ミドルウェア関連のプロジェクトはすでにいくつか存在し、競争が起きる可能性もあります。今後の動向に注目というところでしょうか。

 

 

LINKはBinanceで購入可能です。

Binance公式ページ

 

最後に花が開くとすれば2020年くらいかな、と考えています。わたしは現在保有していませんが、スマートコントラクト銘柄が注目されてきたタイミングで仕込んでみようかな、と考えています。

今日は以上です。

*1:*SWIFTは国際間の金融情報を一括して管理・提供する組織です。

*2:*IC3はMicrosoftも参加している、ブロックチェーン技術のビジネス活用検証団体です。詳細は下記の記事をご覧ください。

Microsoft、ブロックチェーンの企業運用を推進するIC3参加へ | マイナビニュース