羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

NEOとQtumはどちらが有望か?②

こんにちは。ノブナガです。

ネットサーフィンしていたところ、NEOとQtumについての面白い英文記事を見つけました。

storeofvalueblog.com

 

NEOとQtumは前回の記事にも紹介しましたが、どちらもdAPPSの開発が進んでいる有望なアルトコインです。

前回の記事はこちら↓

NEOとQTUMはどちらが有望か? - ノブナガの仮想通貨日記

 

本日は上記の英文記事の抜粋を翻訳して紹介し、NEOとQtumについての理解を深めたいと思います。

f:id:youdan:20180120124634j:plain 

 

 

NEOとQtumの共通点

両者とも上海に開発拠点がある

NEOとQtumが中国発のスマートコントラクトプラットフォームであることは前回紹介しました。両者とも開発拠点は上海にあるそうです。

Qtum Foundationはシンガポールにあるそうですが、Ethereum Foundationがスイスにあるのと同様で、このこと自体には時に意味はなく、中国人によるプロジェクトと考えて問題ないです。

 

NEOとQtumの相違点

開発チームについて

NEOはOnchain社のプロジェクト

NEOのリーダーはDa HongfeiとEric Zhangの二人います。HongfeiはNEOをスタートアップしたOnchain社CEOで、ZahngはOnchain社のCEO兼NEOの開発者です。

 

二人については経歴など、一般的な情報以外はあまり知られていないとのことでした。

OnChain社は中国Fintech50で2016年、2017年ともに掲載されています

 

QtumはPatricを筆頭に暗号通貨に精通

QtumはPatric Dai、Neil Mahi、Jordan Earlsの三人からなります。

 

Patric Daiはアリババ社の元社員で、2014年にBitBay projectに投資家として参加しています。記事によるとBit BayのリーダーであったDavid Zimbeckからは、Bit Bayコインの出来高を詐称しコイン価格を操作したとして、Patricはスキャマーと糾弾されているそうです。このことによってPatricはだいぶ評判を落としましたが、Davidの主張には証拠がなく、また糾弾しているのもDavidだけなことから、真相は不明です。

 

ちなみにPatricは30歳以下の有望な経営者に与えられる30-under-30 list(Chinese editon)にリスト入りされています。

 

NeilとJordanについてはあまり情報がありませんが、二人とも暗号通貨に精通した人物と紹介されていました。

 

参画している著名投資家

NEOには情報なし

NEOについては情報が極端に少なく、経営陣も投資家については言及していません。しかしながら、中国の大企業(Fosun international)や投資ファンドがOnchain社に投資しているとの情報があります。

 

Qtumには著名人がズラリ

一方のQtumはAnthony Di Lorio(イーサリアム共同開発者)、Jeremy Gardner(Augur共同開発者)、Qingzhong Gao(HuaWei SCダイレクター)、Xu Star(OKCoin CEO)ロジャー・バー(Bitcoin投資家)などが投資しているとのこと。かなり豪華なメンバーが揃っています。

関心の度合い:NEOは西側、Qtumは東側

NEOは西欧に強い

英文記事は2017年8月のものなので、現在は少々様相が異なるかもしれませんが、個人的に面白い視点だと思ったのがこちらです。

NEOは取引高の大半がbittrexであり、中国の取引所であるYunbiやJubiよりも10ドル近く高値で取引されているそうです。

どちらかというとNEOは西欧人によく買われている通貨と言えるのかもしれません。

 

Qtumはアジアに強い

一方、Qtumは中国の取引所での取引量がbittrexを上回っているとのこと。また、韓国の取引所でも出来高がトップになるなど、人気のようです。一部の東アジアの取引所ではEthereumの取引量を超える時期もあったようです。

 

おわりに

以上、NEOとQtumについて紹介しました。いろいろと特徴があって面白いですね。

 

QtumはOpenchatなど、dAPPSがいろいろとリリースされていますし、NEOも分散型取引所(DEX)であるNeoexchangeのICOが告知されていたり、活発に動いています。

 

今後もこの2通貨についてはさらなる調査をしていきたいと思っています。

今日は以上です。ではよい週末を。