羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

【まとめ】暗号通貨はハードウォレットに保存しよう。

こんにちは。

 

最近はコインチェック騒動で暗号通貨界隈はヤバイ雰囲気が漂っていますね。

コインチェックハッキング事件の記者会見内容まとめ

 

私も被害者の一人で、一部の資産はロックされています。もっとも資産の大部分はハードウォレットに保存していたのでダメージは限定的ですが、おそらくノーダメージでは済まないでしょう。

 

では今後このような取引所リスクを回避するために、どうすればいいのでしょうか。結論から言ってしまえば、ハードウェアウォレットで管理すればこのようなリスクを回避することができます。

そこで、今回はハードウェアウォレットについての情報をまとめていきたいと思います。

 

 

 

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは実物を伴った暗号通貨の管理ツールで、一般的なハードウェアウォレットにはTrezorLedgerの2種類あります。(LedgerはさらにLedger nanoSやLedger Blueなどの種類に分かれます)

f:id:youdan:20180127163917j:plain

(Zaif公式ページより)

 

ハードウェアウォレットでは普段オンラインに接続していないため、ハッキングによる資産流出をかなりの確率で防ぐことができます。

 

ハードウェアウォレットの注文の仕方

まあ、ここまでは難しくはないのですが、注意点しなければならないのがAmazonなど他サイトからではなくTrezor、Ledger公式サイトもしくは正規代理店から直接買う必要があるという点。

 

なぜAmazonなどで購入してはいけないかというと、リカバリーフレーズや秘密鍵が流出している可能性があるからです。ハードウェアウォレットを開封して、パスフレーズをメモしたうえで再度出荷している悪徳業社も存在しています。そうすると、ウォレットの情報がダダ漏れになり、また送金もできるので、あなたがせっかく移した資産が業社のもとへ渡ってしまいます。

 

ちなみにTrezor、Ledgerの公式サイトは英語です。

日本語ではないので、日本人にはハードルが高いのですが、マナさんのサイトにわかりやすく購入方法がまとまっているので、そちらを参照して購入しましょう。

TREZORを海外公式サイトで直接注文する方法 | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

Ledger Nano S海外公式サイトからの購入方法(日本に在庫無い場合) | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ


代理店で購入する場合は正規代理店か必ずチェックを

とはいえ、どうしても日本語の情報じゃないと不安という方もいらっしゃると思います。その場合に必ず行わなくてはいけないことは、自分の購入するウォレットが正規代理店の販売かどうかチェックすること。

 

なぜ、こんな面倒なことをしなくてはならないかというと、正規代理店でもなんでもないのに正規代理店を謳ってハードウェアウォレットの購入をすすめるネットショップが存在しているからです。こういった店舗は非常に危険なうえ、巧妙に信頼感を醸し出してきます。ですので、絶対にウォレットの公式サイトをチェックして、本当に正規代理店か確認してください。

 

公式ページの正規代理店記載欄を以下に載せておきます。

TREZOR Bitcoin Wallet (Official) | The most secure hardware wallet.

Ledger Wallet - Ledger retailers network

 

それでもハードウェアウォレットに不安を感じる方へ

ハードウェアウォレットが壊れてしまっても、リカバリーフレーズがあれば他のハードウェアウォレットで復元できます。また、万が一ハードウェアウォレットメーカーが倒産した場合でも、TrezorやLedgerのリカバリーフレーズには互換性があるので、他のウォレットを使うことで、ウォレットを復元することができます

もしTREZORやLedger社が倒産した場合ハードウェアウォレット内の仮想通貨はどうなるのか? | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

 

このようにハードウェアウォレットはリスクを回避するために数多くの手法を用いています。

操作ミスだけは注意

ただし、そのように安全性を重視したウォレットも自らの手による操作ミスは対象外。送金先アドレスを1文字でも間違えてしまえば、その資産は永久に失われてしまいます。

 

とはいえ、ハードウェアウォレットによる管理は2018年現在、暗号通貨の管理方法としては最も安全な方法です。

 

トレードなどで暗号通貨を移動させることも多くありますが、送金には最新の注意を払ってハードウォレットを利用しましょう。

今日は以上です。