羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

Qtumフルノードが宇宙へ

2018年2月2日、Qtumにビッグニュースがありました。

それは、なんとQtumのフルノードが中国の酒泉衛星発射センターから打ち上げられ、無事宇宙衛星軌道に乗ったことです! 

 

f:id:youdan:20180204211507j:plain

 

 

 

 

日本では話題になっていないのですが、

暗号通貨としては史上初で最高に価値のある試みだったと思います。

今日はQtumファンとして解説したいと思います。

 

 

 

ニュースの概要について

ツイートを追ったほうが理解しやすいと思うので、以下のツイートを日本語訳してみます。

(日本語訳)はじめてQtumのフルノードが宇宙へ行きます!

Qtumの衛星は2/2に打ち上げ予定です。カウントダウンはこちらから。 

 

(日本語訳)SpaceChainのチームは酒泉衛星発射センターにいます。

 

(日本語訳)2月2日15:51(北京時間)、酒泉衛星発射センターにて、SpaceChainの衛星とQtumのフルノードを載せたロケットは打ち上げに成功しました。

衛星は周遊軌道に乗り、のちに稼働となる見込みです。

 

Qtumのフルノードが衛星へ行ったのには、SpaceChain(SPC)の力によるところが大きいです。

なお、今回の打ち上げには中国の国家航天局(Chaina National Space Administration)の協力によって実現しました。

 

ロケットを発射したSpacechain(SPC)とは

SpaceChainとは宇宙空間の活用と民主化・探求を目指す組織です。

Spacechainトークン(SPC)もすでに発行されており、日本の取引所やBinanceでは購入できませんが、EXX.comで購入可能。

価格は以下を参照ください。

 

 

 

時価総額が?になっているかと思いますが、最大発行枚数は10億枚です。

現在の価格に10億をかけるとおおよその時価総額がでてきます。

 

ちなみにQtumとの関係ですが、SpaceChainトークン(SPC)はイーサリアムのトークンのように、Qtum(QRC-20)をもとに作成されています。

そのため、SPCとQtumは協力関係にあるというところでしょうか。

 

おわりに

 以上、今回のQtumフルノード打ち上げについて解説しました。

今後さらにQtumおよびSpaceChainは宇宙開発を進めていくことでしょう。

宇宙産業は21世紀における一大ビジネスになると思います。

両通貨の将来が非常に楽しみですね。

 

 

Qtum(Qtum)はBinance、SpaceChain(SPC)はEXX.comで購入可能です。

EXX.comについては別記事でまとめました。

EXX.comの口座開設方法のまとめ - 羊ノブナガの仮想通貨ブログ

 

本日は以上です。