羊ノブナガの仮想通貨ブログ

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。

銘柄研究の重要性:他人の投資判断を鵜呑みにしてはいけない理由

どうも。@羊ノブナガです。

今日は「なぜ他の人のツイートを参考に投資してはいけないのか」という話をします。

 

f:id:youdan:20180201004833j:plain

 

 

 

日々暗号通貨市場は進化しています。

情報のスピードは非情に早く昨日の出来事が1週間前くらいに感じてしまうほどです。

暗号通貨市場だからこそ自分で銘柄研究(リサーチ)することが重要です。

でははじめます。

 

 

ガチホではなぜ不十分なのか?

銘柄研究とは自分の保有銘柄を乗り換えることを念頭に行うものです。

つまり、「保有銘柄を絶対に売らない」ガチホとは正反対の概念です。

 

ではなぜ、ガチホではなく銘柄研究しなくてはならないのでしょうか?

 

なぜ銘柄研究をする必要があるのかを理解するために、

まずはガチホのメリットとデメリットを整理してみましょう。

 

ガチホのメリット

メリット①:仮想通貨投資に余計な時間を使わなくて済む

ガチホのメリットの一つとして、「仮想通貨投資に余計な時間を使わなくて済む」ことが挙げられます。

 

当然ですが、わたしたちの命は有限であり、それゆえに時間も有限です。

仮想通貨に使う時間をカットできれば、それ以外のことに時間を費やすことができます。

余計な時間をつかわなくて済むことはわたしたちの人生を考えるうえで非常に大きなメリットでしょう。

 

メリット②:成長の恩恵をいつか必ず受けることができる

ガチホの2つ目のメリットとしては、「成長の恩恵をいつか必ず受けることができる」ことが挙げられます。

 

投資家というのは暴落するたびに狼狽して売買するものです。

これはプロであろうと素人であろうと同様です。

売買を繰り返していると銘柄の成長の恩恵を受けることが難しくなります。

 

ですが、「絶対に売らない」と決めてしまえば、狼狽するリスクを避けることができるのです。

 

以上のようにガチホにはメリットもあります。

ただし、同様にデメリットも理解しなくてはなりません。

 

ガチホのデメリット

ではガチホのデメリットは何でしょうか?

決定的なデメリットは自分が買った銘柄が成長するとは限らないということです。

 

もし、自分が買った銘柄が成長しない銘柄であれば試合終了です。

ガチホですから沈没するまで逃げることはできません

 

もちろん、一時的に沈んでいても最終的に成長する銘柄もあります。

その場合はガチホで正解ですが、沈みっぱなしの銘柄も多数あります。

ガチホ一辺倒では、その判断をすることは絶対にできません。

 

ガチホのデメリットを克服するためには

ではガチホのデメリットを克服するにはどうすればいいでしょうか?

それは銘柄の研究をすることです。

もし銘柄の研究を行えば、もしかしたら銘柄選択の誤りに気づくことができるかもしれません。

 

つまり、保有銘柄の研究にはガチホで失敗するリスクを下げてくれるのです。

 

 

他人の投資判断を鵜呑みにしてはいけない理由

人はよく判断を間違えます。

インフルエンサーもスーパートレーダーもみな間違えますし、もちろんわたしも例外ではありません。

 

他人の判断を鵜呑みにして投資していたら、どのような理由で買ったのかがわかりません。

それではなぜ間違っていたのか気づくことができるわけありません。

 

「間違えていたら、間違えていたことを発信すべきだ」

というのは正論です。

ですが、自らの誤りを「認める」ことは難しく、自身の誤りを「発信する」となれば尚更困難です。

 

また、ご存知のようにネガティブな情報の発信は恨みを買ってしまうことがあり、発信するメリットはほとんどありません。

 

このような理由で、間違った情報が訂正されることはほとんどないのです。

 

頼れるのは自分だけ 

他人が誤りを発信しないのであれば自分が見つけるしかありません。

最終的に頼れるのは自分の頭だけです。

 

  • インフルエンサーの情報を鵜呑みにしない
  • 自分の保有銘柄の最新情報やベースとなる知識は必ず追う
  • ライバルが何かを認識し、それと比較する

 

このような努力をして、成果がでるとは限りません。

銘柄研究した結果、予想が大きく外れてしまうこともあるでしょう。

 

ですが、 失敗経験は必ず糧となり、長い目でみれば大きな武器になります。

 

あなたが長期的に勝てる投資家になりたいのであれば、銘柄研究にはメリットしかありません。

ぜひ自分の頭で判断する癖をつけましょう。

 

 

…とは言うものの、自分の頭で考えることは簡単ではありません。

 

私も他人の判断を鵜呑みにしてしまうことがあり、全然まだまだです。

長期的に勝てる投資家になる道は遠く険しいです。

 

私とあなたが自分の頭で考えられる投資家になれますように。

今日は以上です。