Qbao共同創業者ネイザン・サンへのインタビュー・1

2018-10-15

こんにちは。

今日は中国・韓国で人気の高いQbaoについていいインタビュー記事を見つけました。
今日はそれを記事にしたいと思います。

元記事はこちら。

Too Many People Missed Opportunities because of their Concern for Competition.ーDialogue with Qbao Network co-founder Nathan Sun

以下、翻訳していきます。
(長いので全4回に分けます)

ほとんどのひとは競合への恐怖を理由に機会を逃している|Qbao Network共同創業者ネイザン・サンとの対話

もしあなたが韓国の路上で歩いて、ランダムに何人かにインタビューし、聞いたことがあるブロックチェーンプロジェクトは何かを尋ねたとしましょう。Qbaoはおそらくビットコインとイーサリアムの次に回答されるプロジェクトでしょう。Qbaoは2017年5月に作成され、何百万人もの顧客をもち中国や韓国で評価の高いスマートクリプト・ウォレットサービスです。

世界で成功した企業のほとんどは広大なフィールドを選択し、勝つために一つのフィールドでベストを尽くすという特徴を持っています。現時点でQbaoが将来的に成功する企業となるかどうかを判定することは困難です。しかし、過去のQbaoの開発状況からみれば、最高レベルの取り組みをしているでしょう。

Qbaoはまだ多くの海外市場への進出に着手していませんが、リリースされた国および地域で高い人気を得ており、多くの地元blockchainプロジェクトを凌駕することができます。

例えば、プロダクト・デザインの開始時に、コールドウォレットやハードウェアウォレットを設計する代わりにユーザーエクスペリエンス(UX)を考慮した分散型と中央集権型のクロスチェーンウォレットを両方作成しました。

2018年7月、新しいアセットマネジメント機能を追加したQbao Ver.3.3がリリースされました。ユーザーは個人の好みとリスク許容度に応じた暗号資産運用商品を選択することができます。特に、弱気市場では、アセットマネジメントはユーザーが資産価値を高めるための最良の選択です。これはQbaoの事業開発の拡大の重要なステップとなるでしょう。

加えて、Qbaoはオンラインとオフライン決済システム、デジタル為替プラットフォーム、DAPPストア、およびゲームとエンターテイメント・プラットフォームの創出に注力しています。

すべての起業家が考慮しなければならない問題は「選択と集中」もしくは「多様化」のどちらを追求するかです。Qbaoは、その初期段階以来、多様化の道を選択しました。それはユーザーエクスペリエンスや事業の基礎を築いているのでしょうか?

最近、CoinVoiceはQbaoの共同創業者でありCOOであるNathan Sunにインタビューしました。私たちはブロックチェーン・ウォレットの競争および多様化とターゲット選択について深く議論しました。

10年以上にわたってインターネット業界に深く関わってきた起業家であるネイサンは、blockchain世界では「多様化」と「選択と集中」は矛盾概念ではないと考えています。

 

初期のプロジェクトは「選択と集中」と「多様化」の両方に焦点を当てることができます。主な事業は集中しなければなりません。これが最優先事項です。多様化の面では、それは他の組織との協力を介して行うことができます。協力と情報共有がブロックチェーンの基盤となる考え方ではないでしょうか。

 

彼の意見を慎重に考えることで、彼が他のブロックチェーン開発者と異なった考えであることを理解するでしょう。

以下は対話の抜粋です。もしかしたら、本インタビューはあなたにインスピレーションを与えるかもしれません。

 

対談|ウォレットという選択

競争は毎日の出来事の1つであり、誰もが長い間トップの座を占めることはできない

CoinVoice:Qbaoは2017年5月に設立されましたが、実際には選択すべき方向がたくさんありました。なぜ最終的にウォレットを作ることにしたのでしょうか?

Nathan Sun:それは私たちはウォレットこそが暗号通貨とブロックチェーンの世界のキーとなると見込んでいたからです。

CoinVoice:ウォレットは「ビッグ・ビジネス」になるチャンスがあるということでしょうか。

Nathan Sun:ブロックチェーン技術の魅力はいわゆる「暗号通貨」もしくは「トークン」にあります。ウォレットはその橋渡しとなります。暗号通貨ウォレットの市場価値はどれくらいあるかといえば、おそらく数兆ウォン(数千億円)はあるでしょう。暗号通貨市場への入口として、ウォレット市場は非常に大きなビジネスでなければなりません。

CoinVoice:しかし、ウォレット市場は暗号通貨取引所とメディアが混ざったものかもしれませんね。

Nathan Sun:他のウォレットプロジェクトとの関係は、一方が生き一方が死ぬというようなものではないと思います。この業界はまだまだ初期段階です。わたしたちは業界全体を共同で拡大していき、パイを大きくしています。競合製品の数がQbaoの最も関連性の高い問題ではありません。多くの人がウォレット競争をあまりにも心配しているので、機会を逃してしまっているのです。

(Qtum dAPPアジアツアーでの写真)

CoinVoice:Qbaoがウォレット業界のトップになる可能性は高いですか?

Nathan Sun:未来を予測することは容易ではありません。ウォレットプロジェクトの比較をするにはまだ業界全体が若すぎるし、広大すぎます。短期間プロジェクトが首位になっても、維持することは困難です。しかし、Qbaoはまだウォレット分野で重要な位置を占める大きなチャンスを持っています。

その要因は、ひとつは我々は早期からスタートしたことです。もうひとつは比較的良いチームを持ち、Qbaoのビジョンについての非常に明確な考え方を持ち、着実にそれを実装することができていることです。

CoinVoice:ウォレット業界において独占は可能ですか?

Nathan Sun:先に述べたようにブロックチェーンテクノロジーは早期段階にあるので、短期的には不可能でしょう。イーサリアムが支配的な技術であった時はイーサリアム・ウォレットが主流な選択でした。その時はリーダーと呼ぶプレイヤーがいたかもしれませんが、多極化した現段階では新しいウォレットを使用することが可能です。短期的なスパンでみれば競争状態がしばらく続くでしょう。

CoinVoice:競争がはっきりしてリーダーの企業が基本的に固定されるまでどれくらいの期間がかかるでしょうか。

Nathan Sun:ブロックチェーンの世界は非常に速く発展しているため、予測は難しいです。強気市場と弱気市場がしばらく交互に繰り返されるとしか言えません。リーダー企業が現れるまでどれくらいかかるかを予測することは困難です。おそらく3〜5年以内にはブロックストリーム技術が比較的成熟し、おそらく競争状態が安定するでしょう。

CoinVoice:弱気市場は新しいユーザー獲得に(悪い)影響を与えますか?

Nathan Sun:はい。我々はすでにそれを感じています。市場が良好であった場合には、暗号通貨保有者数はより速く増加しました。わたしたちのウォレットのユーザー数もそれに応じて増加しています。一方、弱気市場では人々が市場を心配する傾向があります。一部のユーザーは、低価格で保有する暗号通貨を売却することさえあります。全体のユーザー数も低下します。これは正常な現象です。

しかし、わたしはブロックチェーン業界については楽観的です。市場が回復し、ブロックチェーン技術が一般に知られるようになるにつれ、ますます多くの人々が暗号暗号化ウォレットを使用するようになります。 業界全体の可能性がさらに高まるでしょう。

(2に続きます)
(次回記事)Qbao共同創業者ネイザン・サンへのインタビュー・2

 

スポンサーリンク